アサイーベリーの色素成分「アントシアニン」が持つ目の細胞や血管の保護作用

3大眼病を改善する可能性が見えてきた

岐阜薬科大学・薬効解析学研究室のグループが、植物色素の「アントシアニン」に「網膜の細胞や血管を保護する作用が期待できる」ことを突き止めました。近年増えている緑内障など、眼病への効果はいかに?注目の研究成果を紹介します。

緑内障への有効性

眼圧は正常なのに、視神経が障害される「正常眼圧緑内障」。日本人に多いタイプの緑内障ですが、酸化ストレス(加齢や紫外線による老化)で、悪化します。実験では、ラットの網膜細胞に酸化ストレを増やす物質を加え、細胞の4割が損傷を受けた状態でアントシアニンを投与しました。すると、それ以上の細胞の損傷を防ぐことができました。酸化ストレスから網膜細胞を保護する、アントシアニンの有効性が示唆されたのです。

糖尿病網膜症への有用性

糖尿病網膜症では、高血糖により網膜の血流が障害され、新たにできる非常にもろい新生血管から出血するなどして、視力低下を引き起こします。研究グループは、新生血管が作られた状態を人工的に再現するため、ヒトの血管細胞に血管を増やす因子を加え、数を2.5倍に増幅させました。そこに、アントシアニンを投与すると、血管の増殖が抑制されました。VEGF(血管内皮細胞増殖因子) の活性を抑える作用が認められたのです。

加齢黄斑変性症の有用性

加齢黄斑変性には、ドライ型とウエット型の2つのタイプがあります。網膜の中心にある黄斑部が光を浴び続けると細胞が損傷し、ドライ型の加齢黄斑変性を誘発すると考えられています。実験では、網膜細胞に紫外線を照射。その結果、細胞の約0% が損傷しましたが、アントシアニンを投与した同様の実験では、損傷が50% に減少しました。一方、ウエット型の加齢黄斑変性では、黄斑部に新生血管が発生することで起こります。前述のように、血管の新生を抑えるアントシアニンは、ウエット型の予防にも効果が期待できるとのことです。
http://aroe.kai-seki.net/asaivery/%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%20-%20%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AB%E9%A3%B2%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%BF%E3%81%A6%E3%81%AE%E7%97%87%E7%8A%B6%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%94%B9
[PR]
by supplementguide | 2018-02-26 14:06 | サプリメント