ダイエットなどの食事制限で不足するビタミンやミネラル

食物がエネルギーに変わる過程(代謝)では、数千という異なる化学反応が同時的、漸進的に進み、またその過程(プロセス)をコントロールするために、多くの種類の酵素が必要とされます。
そのプロセスは非常に複雑で、普通では覚え切れませんし、たいていのダイエット法にその必要もありません。その中身より、これら酵素が順調に働くためには、充分なビタミンやミネラルが過不足なく幅広く必要なことに注目しておくことです。

たとえば、ビタミンB群(B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸など)は、それぞれ皆、体内のエネルギーの代謝にかかわっています。これらは体内では、いろいろな酵素の働きを助ける役割をしているので、(補酵素)とも呼ばれています。

また、ミネラルと呼ばれる微量元素もビタミンと同じように補酵素として体内の活動、生命維持のために働いています。ビタミンと一緒になり、お互い協力し合って作用することもあります。運動をして発汗することによって、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルが失われます。そこで、食事やサプリメントによってこれらを補給しなければ効率よく体脂肪が消費しません。

ぉまけにミネラルのうちカルシウムは、ビタミンD (骨の代謝などに関係している)でmが向上する、鉄はビタミンC で吸収が向1する、というビタミンとの相互の関連性も持っ7ます。

微量とはいえ、ビタミン、ミネラルはカラダの細かい機能を調整する働きがあり、健康を促上でとっても大切なものです。計画性のない食事制限で、ビタミンやミネラルが不足すると、謝機能が円滑に進まなくなるため、カラダのエネルギー消費に悪影響を及ぼすことになります。

つまり、ビタミンやミネラル不足の場合、カラダはうまくエネルギーを使い切れず、燃やしい体脂肪を使わずに、筋肉のタンパク質を分解して使ったり、糖質を余らせて体脂肪にしてまう可能性が高まるわけです。計画性のない食事制限による栄養素の種類不足は、このようなデメリットも生じます。

ダイエット中なら普段よりもなおのこと、意識的にビタミン、ミネラルを多く含む食品を「ランスよくとる」ように心がけるのはこのためです。
ダイエット中の食事制限でもっとも気をつけたいことは、この種のビタミン、ミネラル不足になることです。せっかく総摂取カロリーを減らしても、代謝を活性化させるビタミンやミネラルまで削っしまっては、ダイエット効率は減少してしまいます。

食事の他にサプリメントとして、ビタミやミネラルをとる必要がそこにあります。また、どれか1種類のビタミンだけを熱心にとっても、ビタミンやミネラルの効果は相互関連しているので、さまざまな効果が、発揮できるとは限りません。
[PR]
by supplementguide | 2014-06-03 18:05 | サプリメント