糖質の必要性 全く「悪」でない認識をもつ

ごはんやパンなどの主食や、果物などに含まれている糖質は、炭水化物とも呼ばれ、カラダを動かし続けるエネルギーの主要な源です。こちらにもコレステロールの必要性と重要性が記されています。
とりわけ脳は、糖質(ブドウ糖)のみをエネルギーとして用いているほどです。口から取り入れた糖質(でんぷんなど)は、消化酵素の働きによりブドウ糖に分解され、小腸から吸収されます。そして、血流に乗ってカラダの各所に運ばれ、すぐに活動エネルギーとして使われます。しかし一方で、筋肉や脳のエネルギーとして貯蔵庫にしまうために(グリコーゲン)という形に変化し、筋肉および肝臓(脳のための貯蔵庫)に蓄えられます。

このときカラダの中では、インスリンとグルカゴンなどのホルモンの働きによって、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)をほぼ一定の状態に保つ作業が行なわれています。
無駄な糖質は血液にたまらず、いざというときの備えとなるわけです。人の代謝が、なぜこのようなシステムになっているかというと、実は脳のエネルギーをつねに確保するためと言われています。「腹が減っては戦ができない」と言いますが、戟はカラダだけでなく頭があってこそです。人類を生存競争から救ってきたのは、つねに脳に糖質を送り込むこのシステムの存在だったと言えるかもしれません。

ダイエットに大敵と考えられがちな糖質。しかし、生きていく上では絶対必要なこの糖質を豊富に含む食品は、穀類、いも類、野菜、果物、種実類です。さすがに種類が豊富です。

主食となる穀類、いも類などの、王成分はでんぷんです。糖質の中でもでんぷんは、ブドウ糖がいくつもつながった(多糖類)と言われて、消化酵素によってブドウ糖に分解されてからゆっくりと吸収されます。つまり、食べてからエネルギー源になるのに、意外に時間がかかる食物と言えます。その意味では、消化吸収が早く、短時間でエネルギー源になるブドウ糖やショ糖(砂糖の主成分)に比べると、インスリンの刺激は弱いので比較的脂肪を増やさないタイプの糖質と言えるでしょう。

体重を減らしたいと思えば、「ご飯は太るので… 」といって、まずご飯を減らす人がいますが、だからこそむやみにお米ばかりを減らせば良いわけでありません。

一日の総摂取カロリー量を考えたり、食べ合わせのおかずをローカロリーのもの、食物繊維の多いものなどに加減してとればいいのです。

ただし、糖質が完全にエネルギーとして使われず、余ってしまった場合、その糖質の一部は将来使うエネルギーとして体脂肪に変えて保存されてしまいます。これが肥満の大きな原因のひとつです。

飢餓の危険のない現代社会では、必要以上の糖質貯蔵を避けるためにも、なるべく食物繊維やミネラルを多く含んだ食材でとるよう努力をしても良いと思います。

白米よりは胚芽米や玄米、白パンよりも全粒粉パンやライ麦パンを、と言った工夫です。その理由は、このような食品は「低インシュリンダイエット法」などで流行となった(グリセミックインデックス(GI値))が低いこと、他の栄養素もとれること、さらに消化吸収には高G-値食品よりもエネルギーが必要となるからです。GI値は、糖質が吸収された時の血糖値の上昇のスピードと持続時間を、吸収しやすい(単糖類)のブドウ糖をとったときの血液中の血糖値を基準(100)として、各食材のブドウ糖に対する吸収率の傾向を示します。

また気をつけたいのは、ヘルシーな食材と思われているものの中にも、実は脂肪になりやすいものがあることです。はちみつと果物はどちらもブドウ糖とともに(果糖)を含んでいますが、果糖は脂肪に変わりやすいことがわかっています。

単純に、GI値やカロリーばかりにとらわれず、カラダに良いものでも量をとり過ぎないことを心がけましょう。糖質は脳のエネルギー源として大切ですので、絶対に切らすことなく、できるだけ3食、主食(穀類)からとって、ただし必要最小限に努め、総カロリーが高まらないようにすることです。糖質が不足すると、カラダは脳のエネルギーを確保するために筋肉や肝臓をつくっているタンパク質を分解してアミノ酸にし、そこから糖質をつくりますので、要注意で
[PR]
by supplementguide | 2014-05-29 09:19 | サプリメント