5大栄養素の大切さとサプリをダイエットに活用する意味

栄養学の格言にこういうものがあります。「私たちは私たちが食べた物である」。
これがいわんとしている意味はおわかりでしょうか。つまり、普段私たちが口にしている食べ物から、私たち自身のカラダができあがっているということです。

筋肉、皮膚、髪の毛、内臓、骨、神経、血管、血液、各種ホルモンなどは、どれもこれも日々私たちが口 にしている食「材か、カラダの中で変化したものです。

実際カラダをつくり上げている細胞は、一定期間経つと、老廃物として廃棄され、それに変わる新しい細胞に生まれ変わります。そうして人のカラダはつねに生き生きとした活動ができるようになっています。自分のカラダと言えども、一年前と現在のカラダを比べると、かなり違っているのです。

私たちは、普段本当に多くの食材を口にして、そしてその食材から本当に多くの栄養素と物質をカラダに吸収しています(ちなみに栄養とは人のカラダを維持するために必要な成分のこと)。そしてその栄養素にはそれぞれが遣った働きがあるのです。人が栄養として必要にしている要素は大きく分けて3つあります。
  1. カラダを動かすエネルギー
  2. カラダをつくる材料
  3. カラダのコンディションを整えるもの
以上の3 点を食べ物から得ています。

生きていくためのエネルギーも、健康なカラダも、良い食生活があってはじめて手に入れることができるものです。あらためて、日常の食事が基本であることを思い出しておきたいものです。さて、食品からとる栄養素にもさまざまある中で、栄養学の世界では、エネルギーをつくる重要な栄養素を大きく3つに分類しています。
  1. 糖質(炭水化物)
  2. 脂質
  3. たんぱく質


この3つを指して(3大栄養素)と呼びますが、3大栄義素にビタミン、ミネラルを追加して、(5大栄毒素)と呼びます。それは、以前にもまして、カラダのコンディションを整える各種ビタミン、ミネラルの働きが重要視されてきたことの現れでしょう。また、これに食物繊維あるいは水を加えて、(6大栄養素)ということもあります。これらの栄養素を必要なだけバランス良くとることが、健康維持にもダイエットにもとても大切です。
ところが、最近では充分な栄養がとれるはずの日々の食生活でも、とくにダイエット目的でなくても、食事にサプリメントを追加してとることがあります。それはどうしてでしょうか。
[PR]
by supplementguide | 2014-05-21 11:27 | サプリメント