うるおい肌のポイントは「アミノ酸」

女性雑誌などではよく特集が組まれるほどの「アミノ酸」。名前はよく耳にするが、いったいどんな物質かわからない…とう人も多いのでは?
人体はおよそ20%がたんぱく質で構成されている。
筋肉、内臓、そして肌(皮膚)など体のあらゆる組織を構成しておゃ、このたんばく質のもととなっているのが、20種類のアミノ酸。
つまり、人問の体をつくっているたんばく質は、アミノ酸が集まってできているといえる。そして肌は、天然うるおい成分∃のNMFFが不足すると、乾燥などのトラブルが起きやすくなってしまう。
このように、アミノ酸は肌のうるおいを保持するための必須成分だが水の溶け出しやすいという性質をもっている。たとえば洗顔の際にゴシゴシと強くこすってしまったり熱いお湯ですすいだりすると汚れとともにアミノ酸までも洗い出してしまうことに。
もしいつも、洗顔後に肌のつっぱりを感じるなら、アミノ酸が水に溶け出て、うるおいが失われてしまっている可能性が高い。
みずみずしい肌を維持するためには、化粧水などで外側から保湿して、うるおいを与えるのがもっとも大切というイメージがある。しかし、毎日行う洗顔に気をつかうことも、重要なポイントといえる。洗顔料を選ぶ際は、アミノ酸を逃さず、うるおいもキープする商品を選んでみてはいかがだろうか。

そしてビタミンB群などの摂取を積極的に行うことで肌を常にみずみずしく保つことができる。
「ビタミンB2」は、皮膚や各器官の粘膜を正常に保つ働き
[PR]
by supplementguide | 2013-12-27 16:56 | サプリメント