働き盛りの世代のサプリメント

バリバリの働き盛りの人は時間に追われ、ついつい食事はファーストフードやコンビニ食になりがちです。しかし、こういうときこそ十分な栄養補給を心がけましょう。
疲れやすい人はビタミソB 群を積極的に補給します。中でもビタミンB1は効果的で、代謝を促進し、アンモニアや乳酸など疲労物質の合成を防いでくれます。
飲酒とたばこ
タバコを1本吸うと約25mg以上のビタミンC が失われます。よくタバコを吸う人は、マルチ・カロチンとビタミンC を多めに補給しましょう。
どちらも上限がない安全なビタミンなので、メーカーのお勧め量の2倍ぐらい、保健量の範囲内で摂取します。飲酒ほアルコールの代謝にB 群とC を大量に使いますので、B コンプレックスとCを飲酒の前後にそれぞれ1個ずつ補給するようにしましょう。また、アルコールにはビタミンB1の吸収を阻害する働きもあるので、おつまみにレバーやピーナツなどを食べるようにすると不足しません。
ストレス
ストレスを強く感じる時は、最低で1500mg以上のビタミンC を摂って下さい。ビタミンC ほ抗ストレスビタミンで、体内には1500mgのプールがありますが、これを枯れさせないようにして下さい。
また、ビタミンC は抗免疫作用もあるので、風邪をひいた時には3000mg程度補給しておきましょう。
目の疲れ
今や色々なビジネスシーンで、パソコンは欠かせないビジネスツールとなっています。その結果、眼精疲労やドライアイに悩む人が増えています。疲れ目には目の粘膜を保護するビタミソA やビタミソC が有効です。
また、プルベリーエキスに含まれているアントシアニソは角膜や水晶体と、それらをつかさどる毛様筋を守ってくれます。
視力アップ、疲れ目、ドライアイを解消は、目の疲れ、ドライアイなどの解消法が紹介されています。
[PR]
by supplementguide | 2013-07-06 10:33 | サプリメント