不眠解消のためのサプリメント

睡眠ほ私たちが生きて行く上で、最も大切な代謝に直接的および間接的に関与し、さまざまな生体内の活動をコントロールしている重要なファクターです。安直に薬に頼らず自分でできることから不眠に対処していきましょう。

睡眠阻害物質の除去
カフェインを含む飲料や、過度のアルコール、夕方の昼寝は避けましょう。部屋の環境も交感神経を刺激する白熱灯は避け、高温多湿も睡眠生理の体温低下を阻害します。
睡眠生理をサポート
睡眠時、体温は低下します。これを妨げないということが重要で、厚着をしない、布団をかけすぎない、お風呂は就寝1~2時間前に済ませる、水枕を使用するなどがあります。また睡眠リズムをリセットするために起床したらすぐにカーテンを開け朝日を浴びることです。また睡眠促進物質を溜めておくために昼寝は、昼過ぎに5~15分くらいにとどめ、夕方には、仮眠をとらないようにしましょう。
積極的睡眠誘導法
夕食時にレタス、タマネギ、長ネギ、酢、シソ、蜂蜜、ココアなどを摂るよう心がけ、それでも眠れないときは、寝る30分ぐらい前に鎮静効果のあるビタミンB 群とカルシウムを1 個ずつ摂取しましょう。また、イライラやストレス解消に、カモミトルをメーカーのお勧め量補給しても効果があります。それでもだめなときはにミルクにプロテインを溶かして飲んでみて下さい。安易に睡眠薬を使用しないよう注意しましょう。
[PR]
by supplementguide | 2013-07-03 14:50 | サプリメント