アレルギー予防のためのサプリメント

アレルギーとは「正常と異なった反応」という意味で、花粉症や気管支喘息、アトピー性皮膚炎などが、その代表です。
そのメカニズムは、体内に、ある物質( アレルゲン) が侵入するとリンパ球が反応して抗体を作ります。そして、再びアレルゲンが侵入したとき、このアレルゲンをやっつけようと抗体が過剰な反応を示します。
この過剰反応がアレルギーというわけです。アレルゲンに反応する抗体は血液によって気管支や鼻の粘膜、あるいは皮膚に運ばれており、そのために、気管支喘息や花粉症、アトピー性皮膚炎などが起きるわけです。アレルギー症状の歴史は古く、古代エジプト時代から記録されています。
しかし、半世紀前ぐらいまでは、日本でほそんなに多くはありませんでした。アレルギーといぅ言葉が一般的に知られるようになったのは、昭和40年代の高度経済成長期からで、経済の拡大とともに急速に広まりました。車の排気ガスや大気汚染との因果関係も認められています。

アレルギー体質を治すには、注射や漢方薬、鍼治療、胎盤療法などさまざまな治療法がありますが、根本治療は食餌療法が効果的です。アレルギー治療の難しいところは、アレルギー症状を引き起こすアレルゲンがいろいろあることで、このアレルゲソを早い段階で特定することが重要です。
たんばく質の消化吸収がうまくいっていない方が多いというデータもあり消化酵素の分泌量を測定し、そこから治療を始めるやり方もあります。
また、気管支喘息や食物アレルギーは重症になると、ショックを起こし死に至ることもありますので、医師や専門家と相談するようにしてください。サプリメントの摂取で、アレルギー症状の緩和ほ可能です。ビタミンA やβ - カロチンは鼻や気管支などの粘膜の免疫力を高めます。イチョウ葉エキスは対症療法ではなく、体質そのものの改善に効果的です。
また、オメガ6 のサラダ油をやめて、オメガ9 のオリーブ油やキャノーラ油などに代え、オメガ3 のEPA ・DHA 、シソ、ヨモギなどをしっかりと摂ることが大切です。また、ビタミソB 群も増やすのがポイントです。
[PR]
by supplementguide | 2013-07-03 11:34 | サプリメント