補給する際の注意点

いつ摂るのがベストか?
サプリメントの基本は、食事で摂取した栄養素をスムーズに代謝することです。したがって、食事の前後、できれば食事と一緒に補給すれは吸収率も高まり、効果的で
す。各アイテムの摂り方のポイントは次の通りです。
  • ビタミン…水溶性のビタミンB 群とC は朝補給しても、午後には排泄されてしまいますので、朝と晩に分けて摂取することがポインソトです。
  • プロテイン…筋肉を付けたいときは夜か、運動をしたすぐ後が理想的です。そうでない場合は、朝か晩一回で十分です。
  • ファイバー…基本的には、毎食ごとに補給するのが理想です。
  • レシチン…朝よりも夕方に摂取した方が効果的といわれていますが、納豆や豆腐などの大豆製品を食べなかったときは摂るようにしましょう。

服用するときは、水道水を避ける
サプリメントを摂るときは、水道水は避けてください。水道水には塩素が入っているので、ビタミンが破壊されてしまうからです。さらに、水道水に発ガン性物質の指摘があるトリハロメタンや、約2500種類もあると言われている化学薬品が含まれているのも問題です。サプリメントを摂るときは、沸騰させて塩素を飛ばした湯冷ましやミネラルウォーター、浄水器の水などで摂るようにします。
食事との食べ合わせ
和食のときと洋食のときで補給量を加減してもよいでしょう。和食時は、炭水化物がしっかり摂れますのできちんとこれを代謝するには、ビタミンが満遍なく摂れていなくてはなりません。大豆製品や魚を食べたときは、EPA ・DHA およびレシチンは、少なめでいいでしょう。洋食の時は、脂肪やコレステロールが多く摂取されますのでE PA・DHA 、レシチン、ファイバーは、特にしっかりと補給しなければなりません。和洋折衷の際は、たんばく質のアミノ酸スコアの不均衡とリンの過剰摂取が予測されるため、プロテインとカルシウムを少し多めに補給するとバランスがいいでしょう。
[PR]
by supplementguide | 2013-06-28 11:48 | サプリメント