サプリメントの摂取

サブリメソトは、薬ではありませんので症状別に摂るというのは、おかしな摂り方です。このような摂り方は、部分を良くしようという医療における薬剤や治療の考え方と同じで、部分ほ良くなったけど、全体から見ると悪くなってしまったということになりかねません。
実際、医療者は薬にしても手術にしても常に苦慮しているのはそのことです。全体から見て、その人のこれからの人生を考えたとき、副作用や侵襲(体にかかる負伺) というデメリットを与えてもその治療をした方が有効な場合に限り治療に踏み切るのです。これまで本書で解説してきましたように、薬としてのビタミンの使い方と食品としてのビタミソの摂り方は、全く異なります。
時代は薬としての摂取法では、効果が全く出ない時代に突入しており、ビタミソを代謝に配慮した食品として補給しなければ実際に効果が出ないのです。
現代は、症状別に摂る古い摂取法をいくら試みても効果があがらないばかりか、逝に代謝全体から見ると、アンバランスを助長することになりかねません。サプリメントは、何度も申しますが食品であり、食事で摂り切れなかった栄養素を総合的に補完し代顔全体を正常化するためのものです。まずこれをきちんと実行した上でプラスアルファ- として症状の緩和を考えていきましょう。
サプリメント補給法〔基礎〕ベーシック・サプリメントの使い方
誰もが身に付けなければならない不足している栄養素の補完法(代謝改善法) …優先順位1 番目と優先贋位2番目 の補給法をきちんと実践すれは皆さんが多くの不快な症状は、はとんど改善します。

食のアドバイス
代謝の改善を考える際、食事がいいかげんだとサプリメントの効果は期待できません。食事についても考慮します。
日本人の遺伝性や和食という食歴により作り出された代謝システムを考えますと、代謝にストレスをかけない食の摂り方は、ご飯食を中心とした和食になります。
1日3食中2食以上は和食にし、ご飯は、1日2合( お茶碗4杯半) を目標に食べましょう。
味噌汁も具は2種類以上使います。
おかずは毎食、海の幸・山の幸・陸の幸の三つが入っていることと旬のものが必ず一食につき1品以上入るように工夫しましょう。特に魚と大豆製品は毎日欠かさず食べましょう。調味料ほ、できるだけ洋風のものを避け、和風のものを意識的に選ぶようにします。
[PR]
by supplementguide | 2013-06-28 09:50