体脂肪をダウンさせるためのビタミン

体のむくみをとっても一時的に体重はダウンするが、体脂肪が減っているわけではない。肥満対策 以下引用
よく、「ひと汗かいて体重が1kgも減った」ということを言う人もますが、これは、脂肪が1kg減ったという意味ではありません。間違いです。体重が増減する要因についてしっかり理解するには、栄養学の原点に戻らなければなりません。脂肪1gのもつ熱量は9kcalです。そして脂肪組織は、脂肪90%、水10%で構成されています。つまり、脂肪組織を1kg消耗するには、98kcal×(1000-100)=8100kcalの負荷をかける必要があるのです。
を読むと非常にわかりやすい。

体脂肪をダウンさせるためには、ビタミンA、B群、Eがダイエットに効果的。ビタミンAは、脂肪細胞が増えるのを抑制してくれる。逆にビタミンAが足りない場合は、筋肉が霜降り状態になってしまう。

ビタミンEは、食欲と体脂肪の蓄積を抑制するホルモンであるレプチンを増やす働きがある。つまり、ビタミンEをとれば食欲を抑える働きが期待できる。さらにビタミンB2は、「脂質代謝ビタミン」とも呼ばれ脂肪の燃焼を促進する働きがあるから。

このほかB1には、パントテン酸というビタミンB群にも脂肪や糖の代謝を促進する働きがある。

[PR]
by supplementguide | 2015-07-08 16:27 | サプリメント

サプリメントを活用するときの知識と注意点


by supplementguide