十分な水分摂取もビタミン同様重要

人間の体重の60%以上は水分で占められています。そしてこの水分には、呼吸、消化、体温調節の他、酸素や栄養素を血液やリンパ液などの体液中に溶かして全身に運ぶこと、カラダの老廃物を尿や汗で排泄するなど、実に多岐にわたる大事な役割があります。

また、体内の浸透圧、酸性度(カラダのPHバランス)、化学物質の反応などの均衡状態を保つためにも欠かせないのが水です。私たちが吸収した水分のほとんどは、腎臓でろ過され排泄されてしまう他、汗や呼気などにょっても体外にどんどん排出されています。ですからその補充のため、古約2ヱないし3且の水を食事や飲み物からとる必要があるのです。ダイエット広告のコピーにあるような、水のとりすぎで太ることは、本当はありません。

むくみを理由に水分摂取を悪者抜いするのは、大きな間違いです。むくみと肥満は別物なのです。さらに、生理学的に言えば、人間のカラダは、摂取する水分量と排泄する水分量とのバランスが保たれていなければなりません。

もし水分を補給しないと、脱水症状や熱中症などの危険な状態に陥りやすくなります。血管内の水分が減ると、血液の粘性が高まります。ドロドロになった粘度の高い血液のせいで、脳血栓や脳梗塞、心筋梗塞などの血液疾患にならないため、血液をサラサラにしておかなければなりません。健康維持のためにダイエット中でも水分補給は欠かせないと言えます。

運動をすると、熟エネルギーが生じ、体温が上昇します。するとカラダは体温が高くなり過ぎないように、発汗で体温を下げて、自2調節をします。その結果、カラダからは水分が失われます。これは、水泳や水中ウォーキングをした場合でも同じことです。

ところが、さらに運動を続けていると、発汗に使われる水分が不足し始め、体温を下げられなくなります。血液中の水分も減少するので、血液の粘性が高まり、流れにくくなり、ポンプ役の心臓に負担がかかって、疲労を感じやすくなったり、めまいが起きたり、運動神経の感覚が鈍くなってしまいます。

高い粘性の血液は、血管内の血流を悪くすることで、血管を詰まりやすくし、脳血栓や脳梗塞などを引き起こす原因となるのです。

飛行機に乗った際のエコノミー症候群という疾病がありますが、これも水分不足が一因となっています。さらに、運動中に脱水症状が起きると、筋肉組織内の体液量が減るので電解質バランスが崩れ、ケイレンを起こしやすくもなります。悪くなった血液循環を改善しようと心臓が通常よりも活発に動かなければならなくなり、心拍数が上がり動惇が激しくなって、運動を続けること自体も苦しくなります。

「喉が渇いた」と感じるときは、すでに脱水症状が起こっているサインで、運動中には絶対避けたい事態です。脱水症状を避けるため、この状態になる前に意識的に水分をとることが大切なのです。

細かいことですが「水を飲むタイミング」というのも大事だったりします。

対処法としては、まず、運動の前後に充分量の水分をとります。運動中には必要な水分を、運動前後の体重の変化量からあらかじめ決めておきます。あるいは、1回につきコップ半杯(100鵬程度)くらいを、15〜20分間隔程度でこまめにとるといいでしょう。運動中は体温も上昇しているし、胃壁の働きは温度が低いほうが活発になるので、なるべくなら冷やした水(5〜15℃ )をとることがおススメです。ただし、冷た過ぎるのは、下痢につながることもありますし、高齢者では心臓に負担がかかることにもなりますので気をつけましょう。

通常、運動中の水分補給は水が基本となりますが、大量に汗をかくと、ナトリウムやカリウムなどのビタミンやミネラルも失われます。
そこで、ビタミンやミネラル補給という機能性を期待して、市販のスポーツドリンクが好んで飲まれています。このスポーツドリンクには、ナトリウムやカリウムなどのミネラルや糖質、ビタミン類がいろいろな配合で含まれています。

これらは、汗として失われる成分を補充するという目的と、集中力を維持するという目的で配合されているので、状況や好みに応じて飲めば大きな問題はありません。

ただし、スポーツドリンクは、飲みやすさを考慮して糖分を6% 前後含んだものが主流です。運動中のカラダにとって、最適なブドウ糖の濃度は実は2・5% 以下と言われています。この最適な濃度で、塩分や他のミネラルを適度に含んでいる状態を( ハイポトニック(体液よりも浸透圧の低いこと))タイプと呼びますが、できればこのような吸収性が良く低カロリーのドリンクを選ぶのが大切です。-般に市販されているスポーツドリンクの場合は、ダイエットのための運動中の補給には適さないので、2~3倍に薄めて飲むようにします。

また、高血糖になりインスリンが分泌され、カラダがエネルギー合成に向かう状態では、体脂肪が効率よく燃焼してくれません。

糖質の濃度が低く、低カロリーあるいはノンカロリーのスポーツドリンクが、ダイエット目的で運動をする際の水分補給には必需品と言えます。

最近は、BCA A(分岐鎖アミノ酸)を含むスポーツドリンクが出てきています。これは運動のエネルギーとなるばかりか脳の働きを活発にし、体温を上げて、脂肪燃焼を助ける効果があります。
エクササイズの効果を高めようと考える際、この種のドリンクをとることもいい選択です。普段ほとんど気にしない水。でもたかが水でも重要な物質です。充分に水分補給することが、糖質や脂質の代謝をスムーズかつ活発に回転させる基本です。むくみに気をとられて水分不足にならないようにします。これはダイエットの意外な盲点といえるでしょう。
[PR]
by supplementguide | 2014-06-10 13:27 | サプリメント

サプリメントを活用するときの知識と注意点


by supplementguide